メラニンから退治する美白化粧品

太陽が出ていない日でも紫外線は容赦なく降り注いでいます。

 

しっかりと紫外線対策をしても、なかなか全てをシャットアウトするのは難しい技です。

 

それならば、紫外線を浴びた肌をケアしてあげる事が大切です。

 

 

 

そこで、役立つのが美白化粧品なのです。

 

肌が紫外線を浴びるとメラニンを作り出します。

 

メラニンは肌に必要な物なので、ある程度の量は心配ありません。

 

ですが、このメラニンが発生しすぎてしまうとシミの原因となってしまうのです。

 

美白化粧品には、メラニンを作り出す働きを抑えたり、

 

メラニンを排出させる成分が入っているものがあります。

 

それらを使用する事で、シミ予防となります。

 

 

 

では、どんな成分が美白に効果があるかというと、

 

ビタミンC、ハイドロキノン、アルブチンなどです。

 

ビタミンCは、美白以外の美肌効果があり、スキンケア成分としては有名です。

 

また、ハイドロキノンは即効性が期待出来ます。

 

更に、出来てしまったしまったシミを薄くする効果もあるので、

 

最近、とても注目されている成分です。

 

そして、即効性は期待出来ませんが、肌に優しいのがアルブチンです。

 

 

 

このような成分がシミ予防に効果のある美白化粧品に含まれています。

 

美白化粧品を購入するときに、成分を確認してみると良いかもしれません。

 

メラニンを予防して白い肌を手に入れて下さい。

敏感肌にこそ美白化粧品が必要

 

敏感肌のせいで美白を諦めている人は多いのではないでしょうか。

 

通常のケアのための化粧品ですら探すのが大変なのが敏感肌。

 

まずは保湿が優先で美白にまで手が回らないという人がほとんどだと思います。

 

しかし敏感肌の人こそ美白が重要なのです。

 

敏感肌とはお肌のバリア機能が低下している状態です。

 

少しの刺激でもピリピリしたり炎症を起こしたりしがちで、過剰なメラニン生成によりシミやくすみができやすくなっています。

 

もちろん肌の状態を安定させること、保湿することが大前提ですが、シミくすみ対策も同時に行なっていくことが大切です。

 

まず大事な成分はセラミドなどの保湿成分です。

 

バリア機能を回復したうえで美白化粧品を使っていきましょう。

 

しかし先ほど言ったように敏感肌の化粧品選びは本当に大変です。

 

やっと自分に合うものが見つかったのにさらに美白化粧品もとなるとうんざりしてしまう人が多いかもしれません。

 

そんな時は持っている化粧品にプラスアルファできる原液などを選ぶのもオススメです。

 

お手持ちの化粧水などにビタミンC誘導体や、抗炎症作用のあるカミツレエキスなどを加えて、オリジナルの化粧品を作ってしまうこともできます。

 

もちろん敏感肌といっても症状も合う化粧品も人それぞれ。

 

お試しセットや試供品などで十分試してからの購入が安心です。